【タイの常識】クラチャイダム(黒ショウガ)は精力増強剤!成分や効果を解説

【タイの常識】クラチャイダム(黒ショウガ)は精力増強剤!成分や効果を解説

精力増強を期待できる植物は世界中にありますが、タイを代表する精力増強剤はクラチャイダムです。
黒ショウガとも呼ばれ、ショウガ科の植物です。

高麗人参やマカと比べると日本での知名度はやや劣るかもしれませんが、クラチャイダムはタイで1,000年以上に渡って健康植物として愛用されています。
クラチャイダムの最大の特長は含有成分の種類が豊富なことです。
それらの成分の効果は、医学的にも生理学的にも証明されています。

クラチャイダムの実力を知れば、男性機能の低下に悩む人の期待が膨らむはずです。

クラチャイダムとは

クラチャイダムとは

クラチャイダムが性機能を高めるというメカニズムを解説する前に、クラチャイダムの基礎知識を確認しておきます。
精力増強剤を買うときは、事前に商品について調べておきましょう。

このようなアドバイスをするのは、セックス業界にはいかがわしい商品が少なくないからです。
ただ、実績がある精力増強剤もあるので、商品選びが重要になります。

本物の精力増強剤といかがわしいものをわけるのは、エビデンス(科学的根拠)の有無です。
そして、クラチャイダムはエビデンスがある植物といえます。
クラチャイダムについては「こういう成分が含まれているから、このような効果が期待できる」と示すことができます。

しっかりした知識を持っていれば、安心してクラチャイダムを活用できます。

普通の生姜(ショウガ)と違うところ

クラチャイダムも、日本で一般的に薬味として使われている生姜(ショウガ)も、土のなかで成長した根茎を食べる点は同じです。
丸い塊が結合している形や、筋が入った表皮も共通しています。
外観だけでは、すぐにクラチャイダムに気がつくことは難しいはずです。

しかし、根茎を割ってみると違いは一目瞭然です。
クラチャイダムは濃い紫色をしていて、生姜の薄黄色に慣れている日本人には強烈な印象を残します。

熱帯地帯でしか育たない

クラチャイダムは、原産地のタイの他、カンボジア、ラオス、ミャンマー、インドなどの熱帯地方で栽培されています。
クラチャイダムは、1年間の最低気温が20度以上でないと成長しないので、日本では沖縄で栽培されているくらいです。
また、植物工場でクラチャイダムの栽培に成功した例もあります。

タイでは栄養ドリンク感覚で飲まれている

日本では、ビジネスパーソンが短時間で英気を養おうとするとき、ドラッグストアに立ち寄って栄養ドリンクを一気飲みすることがあると思います。
タイでは、日本の栄養ドリンクのように、クラチャイダム茶を飲む習慣があります。
乾燥させたクラチャイダムを粉末にしたものが、街の露店で売られています。
クラチャイダム入りのお酒も販売されています。
タイの人たちにとってクラチャイダムは、栄養ドリンクのように身近な健康食品なのです。

球根を植えて9カ月で収穫、干して出荷

クラチャイダムの栽培は、3~5月ごろに球根を植えて始まります。
この時期のタイは雨期で、1日に1時間ほど集中して大雨が降ります。
大量の雨と最低気温が20度を下回らない熱い気候が、クラチャイダムを育みます。

球根を植えてから1、2カ月で芽が出て、7月には紫色の鮮やかな花が咲きます。
クラチャイダムは9カ月で成長するので、12月~翌年2月が収穫時期になります。
クラチャイダムを収穫したら、薄くスライスして1カ月ほど天日干しして、出荷されます。

タイでは、クラチャイダムを生で食べることは一般的ではありません。

クラチャイダムの成分と性機能の関係

1,000年前のタイの人たちは「体験から」クラチャイダムの精力増強効果を確認しました。
しかし、現代は「成分分析」からクラチャイダムのパワーを確認することができます。

クラチャイダムには次の成分が含まれています。

クラチャイダムの主な成分
  • アルギニン
  • クリシン
  • ポリメトキシフラボン
  • リジン
  • フェニルアラニン

これらの成分が、精力増強や性機能を向上させる仕組みを紹介します。

アルギニン:勃起に必要な血流を確保する

アルギニンには次の健康効果が期待できます。

アルギニンの期待できる健康効果
  • 成長ホルモンの分泌
  • 免疫力の向上
  • 人にとっての毒であるアンモニアの解毒
  • 血流の改善
  • 肌の保湿(美肌効果)
  • 新陳代謝の促進(ダイエット効果)

全身の健康があっての性機能なので、これらの健康効果はすべて性機能向上につながると考えることができます。
ただ、よりダイレクトに性機能に関わるのは、血流の改善効果です。
血液の流れが勃起をつくっているからです。

性交では、棒状の陰茎を穴状の膣に挿入します。
膣は閉じられているので、陰茎には突破力が必要になり、勃起という現象を起して陰茎を硬く長くします。
しかし、硬くて長いものは壊れやすいので、陰茎は普段は小さくしておかなければなりません。
それで陰茎は、瞬時に硬さと大きさが変わるようにできています。

陰茎が硬さと大きさをこれほど極端に変えることができるのは「液体」を使っているからです。
「柔らかい袋」に液体を入れれば、液体の量だけ大きくなります。
そして、柔らかい袋でも液体で膨らみきったら、硬くなります。
同じことが陰茎でも起きていて、勃起における液体は血液で、柔らかい袋は海綿体です。

性的興奮を得た脳は、勃起の命令を、神経を経由して陰茎に伝えます。
勃起の命令を受けた陰茎は、陰茎動脈や海綿体動脈という、海綿体に血液を流し込む血管を開きます。
これだけでは血液が流出してしまうので、陰茎は同時に、海綿体内の血液を陰茎の外に出す貫通静脈という血管を閉じます。
血液の入口が広がって出口が閉じるので、海綿体は大量の血液を保持でき、硬く長くなることができます。
この「パンパン」の状態が、勃起の完成形になります。

性的興奮がやむと、今度は逆に、陰茎動脈や海綿体動脈が縮んで血液の流入量が減り、静脈が開いて血液の流出量が増えます。
これで勃起が終わります。

したがって、血流の改善効果があるアルギニンは、血行の悪化が原因のED(勃起不全)の回復に貢献するといえます。

クリシン:酸化や老化を食い止める

クリシンには次のような効果が期待できます。

クリシンの期待できる効果
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 抗腫瘍作用

「抗~」は医学用語で「~の働きを抑制する」という意味になります。
クリシンは、体内の酸化と炎症と腫瘍を抑制します。

酸化には、燃えることと錆びることの2つの作用があります。
栄養素を燃やす酸化は、エネルギーをつくることなので、健康にとって「よい酸化」といえます。
細胞を傷つける錆びは、体を老化させることなので、健康にとって「悪い酸化」といえます。
悪い酸化が体内で多発すると、血管の老化を招きます。
血管の老化によって勃起しづらくなります。
そのため、抗酸化作用(酸化の働きを抑制する作用)を持つクリシンを摂取することも、性機能の維持または向上を助けます。

ポリメトキシフラボン:持久力の向上と疲労回復

ポリメトキシフラボンに期待できる効果は次のとおりです。

ポリメトキシフラボンの期待できる効果
  • 足の筋肉に作用する
  • 発がん抑制
  • 抗動脈硬化
  • 血圧上昇の抑制
  • 脂質代謝の改善
  • 血糖値上昇の抑制
  • 炎症への作用
  • 記憶障害の改善
  • 持久力向上と疲労回復に寄与する酵素「AMPK」を活性化する

抗動脈硬化や血圧上昇抑制は、血管や血流の改善につながるので、勃起にプラスに働きます。
脂質代謝異常は、体内のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)と中性脂肪が過多になり、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が減る現象のことです。

脂質代謝異常も血管をボロボロにします。
脂質代謝を改善すれば、やはり勃起の改善が期待できます。

血糖値が上昇すると糖尿病を発症します。
糖尿病は血管だけでなく、神経も侵害します。
「脳による勃起の命令」と「陰茎による勃起の実行」をつなぐ神経にダメージを与える糖尿病は、ED(勃起不全症)の原因の1つになります。
血糖値のコントロールはEDの治療メニューの1つになります。

疲労していてはセックスができません。
持久力がなければ、セックスを楽しむことができません。
ポリメトキシフラボンは元気を与えてくれる、ありがたい成分といえます。

リジン:EDの原因になる糖尿病を予防する

リジンは、タンパク質をつくるのに必要な栄養素です。
必須アミノ酸の1つになっているだけあって、リジンの働きは多岐に渡ります。

リジンの働き
  • カルシウムの吸収を促進する
  • 肝機能を改善する
  • 脳卒中を予防する
  • 育毛を促進する
  • 細菌やウイルスの侵入を防ぐ抗体の材料になる(免疫をサポートする)
  • 成長に関わる抗体やホルモン、酵素の材料になる
  • ブドウ糖の代謝をよくする
  • 集中力を高める
  • 疲労回復につながる

ブドウ糖の代謝とは、ブドウ糖を分解してエネルギーとして使いやすくなる作用です。
ブドウ糖の代謝が改善すると、脳が効率よくエネルギーを活用できるので集中力が高まります。
また、筋肉が効率よくエネルギーを活用できるので、疲労からの回復が早まります。
集中力も疲労回復もセックスに必要です。

そして、ブドウ糖が効率よく消費されるということは、血中のブドウ糖が減ることを意味します。
つまり、リジンは糖尿病予防にもなります。
糖尿病はEDの原因になるので、リジンは糖尿病を予防することで性機能を守ることにつながります。

フェニルアラニン:快感を増やすドーパミンを増やす

フェニルアラニンの効果で注目したいのが、ドーパミンを作る作用です。
ドーパミンは神経伝達物質の1つで、脳が発した情報を受け取って、神経を通って必要な臓器や器官に伝えます。

ドーパミンが脳内で増えると、幸福感が得られたり、気分がよくなったり、意欲が高まったりします。
ドーパミンは、セックスへの意欲を高め、セックスの快楽を増やします。

ただ、ドーパミンが過剰になると、ギャンブルやアルコール、喫煙、買い物、セックスにのめり込みがちになってしまいます。
ギャンブル依存症や買い物依存症、セックス依存症などの患者さんは、ドーパミンの分泌量が多い傾向にあります。

ギャンブルやセックスなどをすることで大量のドーパミンが分泌され、強い快感を味わうことができます。
すると、より多くのドーパミンが欲しくなり、ギャンブルやセックスなどを中断できなくなります。
しかし、クラチャイダム経由で摂取する程度のフェニルアラニンの量であれば、ドーパミンはそこまで増えないので心配要りません。

クラチャイダムの摂取方法

クラチャイダムの摂取方法は、日本ではサプリメントが一般的です。
ドラッグストアでも購入できますが、通販でも買うことができます。

タイ流でクラチャイダムを試す場合は、粉末が売られているので、お湯に溶かしてお茶のように飲むことができます。

まとめ~総合力で効果を高める植物

精力剤や滋養強壮剤の基礎知識がある人は、クラチャイダムに亜鉛が含まれていない点が気になるかもしれません。
セックスミネラルと呼ばれるほど性機能に関与する亜鉛は、牡蠣やマカには含まれています。
しかし、亜鉛が含まれていないからといって、クラチャイダムが牡蠣やマカに劣る2軍の精力剤ということはありません。

クラチャイダムは、健康や性機能向上に関わる成分を多く含み、それらの総合力で効果をあげます。
有効成分の種類が多いということは、多くの人の症状にマッチする確率が高くなることを意味します。
これまで他の精力増強剤を使って明確な効果を体感できなかった人は、クラチャイダムを試してみるのもよいかもしれません。

性機能が低下すると、気持ちが落ち込むと思います。
しかし、落ち込んだままでは、それが精神的なストレスになり、さらなるに性機能の低下を招きます。
精力剤は複数種類があるので、「どれが自分に合うかな」と楽しみながら選択してみてください。

関連記事
関連記事
関連記事

PICK UP
ZiGMα
ジグムアルファ

現役泌尿器科医と製薬会社が本気で開発した精力と活力がみなぎる本気サプリ!ZiGMα(ジグムアルファ)は年齢とともに自信を失った中高年男性たちの”男の自信”を取り戻す性活力サプリです。

詳細を見る

関連タグ:
#ED #精力