ビルベリー葉エキス

【美容成分】ビルベリー葉エキスとは?成分の効果や副作用を解説

「抗酸化効果」などの目的で配合される美容成分「ビルベリー葉エキス」の効果や安全性について解説します。

ビルベリー葉エキスとは

ビルベリーとはツツジ科の北欧の森に自生する野生種のブルーベリーの一種。
ビルベリー葉エキスとはその名の通り、ビルベリーの葉から、水、エタノール、BGなどで抽出して得られる植物エキスのことです。

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、一般栽培種のブルーベリーのなんと約5倍!
アントシアニンたっぷりのビルベリーの実は目に良い食べ物としても注目を集めていますが、ビルベリーの葉にも別の種類のポリフェノールが含まれていて、様々な健康効果があるといわれています。

特に古くから紅茶としても飲まれてきたビルベリーの葉の抽出液は、血糖値を下げる効果もあることから、糖尿病の民間治療にも使われていたことも。
ほかにも胃酸分泌異常、関節炎、痛風や皮膚病対策や防腐剤や強壮剤としても使われるほどの万能薬です。

最近ではビルベリーの葉から抽出したビルベリー葉エキスには美容効果があることが明らかになり、ビルベリー葉エキスが配合されている化粧品も多く見かけるようになりました。

ビルベリー葉エキスに含まれる成分とその性質

ビルベリーの育つ北欧は、1日中太陽が沈まない白夜があります。そこで育つビルベリーは強い紫外線からその身を守るため、実や葉にはポリフェノールをたっぷりと含み、強い抗酸化力を持つ植物へと育ちます。

ビルベリーの葉には、カテキンやフラボノール、プロアントシアニジンなどのポリフェノールに加え、鉄、マンガン、クロム、アルブチンなど、美容や美白、健康に役立つ成分がたっぷりと含まれています。
以下はビルベリー葉エキスの主成分です。

カテキン

カテキンは血圧上昇を抑制する作用や血中コレステロール値調整作用、血糖値調整作用や老化抑制作用、抗菌、抗アレルギー作用、抗酸化作用などが期待できます。抗酸化作用とは体内で発生した活性酸素を抑制する力のことを指します。

ブラボノール

染料として用いられるほか、高血圧予防などの医薬品としても使用される成分。

プロアントシアニン

ポリフェノールの一種でぶどうの種子や皮にも含まれる成分です。一般的にビタミンCの約20倍、ビタミンEの約40倍もの強い抗酸化作用があります。

血液の中で赤血球のヘモグロビンの材料となり、酸素の運搬に関わる重要な成分。鉄分が不足すると酸欠状態に陥り、息切れやめまいなどの貧血症状を引き起こします。

マンガン

骨の石灰化をすると同時に、骨や靭帯、神経を強くします。また糖質および脂質の代謝に働く酵素や、抗酸化作用の酵素など、多くの種類の酵素の構成成分になったり、様々な酵素を活性化する栄養素として、成長や生殖にも関わる成分です。成人の場合体内に12〜20mgほど存在します。

クロム

クロムには糖質の代謝を助ける働きがあり、そのため“代謝のミネラル”とも呼ばれているほどです。さらに血糖値をコントロールするインスリンの働きを活性化する働きがあるので糖尿病を予防したり、中性脂肪を減らしたり、コレステロール値の改善が期待ができます。

アルブチン

アルブチンにはシミ、そばかすの原因であるメラニン色素を合成する、チロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを抑制する作用があります。

またアルブチンは美白効果が期待できるハイドロキノンに糖が結合したものなので、肌に対しての刺激が少なく、化粧品などにも多用されています。
ハイドロキノンはシミ、そばかすの原因となるメラニンを強力に白くすることができる成分です。
シミの合成を抑制し、できてしまったシミを白くする強力な力を持っているため、“肌の漂白剤”とも呼ばれています。元々は医師の処方により、治療目的で使われていたものですが、2001年より化粧品の配合が認められるようになりました。

関連記事

ビルベリー葉エキスの効果

では美容成分ビルベリー葉エキスにはどのような効果があるのでしょうか?ここからは期待できる効果を紹介します。

シワやたるみを防ぐ効果

コラーゲンは真皮の約70%を占めているたんぱく質。皮膚の構造維持に重要な役割を果たしています。

またエラスチンはコラーゲンと同様に皮膚の真皮に存在して、皮膚のハリを維持するためのスプリングのような役割を担っている重大な成分です。
皮膚の弾力が落ちたり、シワやたるみなどの肌トラブルが発生するのは、活性酸素やコラーゲンを分解してしまう酵素であるコラゲナーゼや、エラスチンを分解する酵素であるエラスターゼが原因です。ビルベリー葉エキスにはコラゲナーゼやエラスターゼを強力に阻害する働きがあるといわれています。
そのため、真皮内のコラーゲンやエラスチンを健やかに保ち、シワやたるみを抑制する効果が期待できます。

皮膚の老化を防ぐ効果

ビルベリー葉エキスには肌の真皮でGABA(ギャバ)を生み出す酵素を増殖する力があります。GABAには線維芽細胞の増殖を促す作用があることから、ビルベリー葉エキスのGABA産生促進により、皮膚の老化を防ぐ効果も期待されています。

線維芽細胞とは、肌の奥・真皮の中にあり、肌の弾力やうるおいの源となるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成したり、古くなったコラーゲンやエラスチンの分解に作用するものです。
ビルベリー葉エキスには、この線維芽細胞を増やすのを促す効果があるため、シワやたるみ、乾燥防止などが期待できます。

乾燥対策や肌のハリ・しなやかさを保つ

肌の真皮の中にあるヒアルロン酸は大量の水分を含んでコラーゲンやエラスチンの隙間を埋め、肌の潤いや弾力、しなやかさを保つのに欠かせない成分です。

ただしヒアルロン酸は分解速度が早く、老化によって生産量が減ってしまいます。
一方、ビルベリー葉エキスにはヒアルロン酸を生成するのに役立つ効果があるGABAが含まれていることから、ヒアルロン酸の産生が促され、乾燥対策や肌のハリ・しなやかさを保つ効果が期待されています。

シミやシワ、くすみといた肌トラブルを解決

ビルベリー葉エキスにはグルタチオン産生促進の効果があります。グルタチオンとは肌を酸化ストレスから守るための抗酸化物質の一つ。
細胞が酸化すると過酸化脂質が生まれ、シミ、シワ、くすみや色素沈着、毛穴の開きといった肌トラブルが起きやすくなります。
ビルベリー葉エキスはこの抗酸化物質・グルタチオンが生成されるのを助ける効果があるのです。

アンチエイジング効果

ビルベリー葉エキスには体内にあるSOD様活性と呼ばれる活性酸素を除去する効果があるといわれています。特に活性酸素はシミやシワといったあらゆる肌老化の原因に関わりがあると考えられています。
ビルベリー葉エキスには活性酸素の中でもスーパーオキサイドを除外するスーパーオキサイド消去活性(SOD様活性)があることが認められています。
このようにビルベリー葉エキスには強力なSOD様活性があることが認められており、その抗酸化力によって老化を防止し、アンチエイジング効果を維持することが期待されています。

抗菌、抗炎症作用によって、ニキビや肌トラブルを予防する

ビルベリー葉エキスにはニキビの原因の一つともいわれる肌表面の酵素、リパーゼを抑制する働きがあるとも言われています。
さらにビルベリー葉エキスが持つ抗菌作用や抗炎症作用により、ニキビなどの肌トラブル予防が期待できるため、美肌効果も。
さらに抗菌力については、黄色ブドウ球菌や大腸菌などにも効果を発揮することが認められています。

生活習慣病を予防

ビルベリー葉エキスには、血糖値の上昇を抑制する働きがあることが認められており、糖尿病予防にも役立ちます。さらに血糖値だけでなく、コレステロールを低下させる働きがあることも報告されており、糖尿病や高脂血症といった生活習慣予防にも役立つと期待されています。

アレルギーを抑える効果

ビルベリー葉エキスにはアレルギーや炎症の原因ともなるヒスタミンの発生を抑制する力があります。そのため肌の炎症や湿疹、喘息やかゆみといった症状を和らげることができます。

ビルベリー葉エキスはこんな人におすすめ

以上の効果が期待できることから、ビルベリー葉エキスはこんな人におすすめです。

  • シワやたるみが気になる人
  • 潤いとハリのある肌を保ちたい人
  • シミ、そばかすが気になる人
  • いつまでも若々しい肌を保ちたい人
  • ニキビや湿疹が気になる人
  • アレルギーが気になる人

ビルベリー葉エキスの副作用

ビルベリー葉エキスの現時点での安全性は、10年以上の使用実績があり、「皮膚刺激性、皮膚感作性(アレルギー性)ほとんどなし」という結果が出ています。
また化粧品配合量または通常使用下において、一般的には安全性に問題がなく、副作用もみられないと考えられます。
ビルベリーの葉という天然の成分から抽出されているため、アレルギーなどの危険性もほぼないと考えて良いでしょう。

ただし副作用が報告されてないとはいっても、人によっては合う、合わないがあるため、副作用が不安な方、敏感肌や皮膚疾患がある方は、念のためパッチテストを行うことをおすすめします。

ビルベリー葉エキスが含まれている化粧品

ここまではビルベリー葉エキスの効果について見てきました。
では、ビルベリー葉エキスはどのような化粧品に含まれているのでしょうか?

保湿やシワやたるみを防いだり老化を防ぐ効果があることから、スキンケア化粧品はもちろんメイクアップ化粧品、ボディ&ハンド化粧品、洗顔料やボディーソープ、クレンジングやシート&マスク製品など様々な製品に用いられています。ここからはその中でも特徴的なものを詳しくみていきます。

美白美容液

美白美容液とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを予防する美白有効成分を配合した美容液。化粧水や乳液といった定番のスキンケアに加えることでうるおいと透明感がアップします。中でもビルベリー葉エキスはアルブチンを配合しているため、アルブチンがチロシナーゼの活性化を阻害し、紫外線などによって起こるメラニンの黒化を防ぎ、美白へと導きます。

美白保湿クリーム

スキンケアの最終ステップとして利用される、有効成分を肌に閉じ込めてくれる役割のある保湿クリーム。特にビルベリー葉エキス配合のものは、保湿を高める効果があるだけでなく、美白にも効果的であるのが特徴です。

化粧水

ビルベリー葉エキスにはヒアルロン酸の産生を促すGABAを含むことから、ヒアルロン酸の産生を促進し、肌の保湿を保つのにぴったり。そのため保湿成分の一種として化粧水に配合されることが多いことでしょう。

ビルベリー葉エキスが含まれている化粧品の選び方

主に保湿効果や美白作用などに期待をされて配合されているビルベリー葉エキス。その効果から乾燥肌の人や、抗酸化作用、アンチエイジングが気になる30代以上の年齢肌が気になってきた人などにおすすめです。

特にスキンケア用品を選ぶには、“どんな美容有効成分が含まれているのか”と共に“保湿もしっかりできるのか”のチェックをすることをおすすめします。
また保湿成分がしっかり含まれていることから、脂性肌の方はひょっとしたら肌馴染みが合わない可能性もあります。さらに敏感肌の場合は刺激が強いかもしれないので、気になる方は試供品などで試してから使用すると良いでしょう。

まとめ

ビルベリー葉エキスは天然由来の成分であること、また保湿成分やアンチエイジング、アレルギーなどにも効果的であることがわかりました。乾燥肌が気になってきた人だけでなく年齢肌が気になってきた人は特に、ビルベリー葉エキスが配合されたものを選ぶようにし、いつまでも若々しい美肌を目指しましょう。

関連タグ:
#抗酸化効果