フラバンジェノール

【美容成分】フラバンジェノールとは?成分の効果や副作用を解説

「保湿効果」「抗酸化効果」「美白効果」などの目的で配合される美容成分「フラバンジェノール」の効果や安全性について解説します。

フラバンジェノールとは

フラバンジェノールとはフランス南西部に生息する海岸松の樹皮から抽出して作られるポリフェノール成分です。
海岸松の生育環境は、一年中照りつける紫外線と強い海風という厳しいものです。
その中で頑強に育つ海岸松の樹皮は厚さ20mm~40mmにもなり、身を守るために内側にはポリフェノールをたっぷりと蓄えています。

フラバンジェノールの効果

厳しい生育環境のゆえに、海岸松はポリフェノールや抗酸化作用など生命維持に必要な多くの力を蓄えていることが明らかになっています。
海岸松から抽出するフラバンジェノールという成分を、人間の健康や美容に応用できる効果として次のものがあります。

  • 抗酸化作用
  • コラーゲン生成促進作用
  • 肌うるおい効果
  • 美白効果
  • 口腔環境改善作用

一つずつ解説していきたいと思います。

抗酸化効果

フラバンジェノールに含まれるポリフェノールの一種であるOPCは、強い生態吸収性を持つことを特徴としています。
OPCは血管の健康を保つ働きがあり、活性酵素の除去を助けてくれます。
内服による強い抗酸化作用によって活性酵素を除去し、血液を健康な状態に保つことで肌の老化や生活習慣による老化にも改善の効果があるとされています。
血管がしなやかになることで内臓脂肪蓄積も抑制され、肥満予防にもつながります。

コラーゲン生成促進

フラバンジェノールを摂取することにより、コラーゲン繊維層の厚みが増強されるという実験結果が出ています。
フラバンジェノールには、コラーゲンを分解する酵素であるコラゲナーゼに対する抑制効果もあり、コラーゲン減少を防ぐ効果もあります。
コラーゲンは体を構成するタンパク質で、生成活発化することで肌や血管を若く健康に保つことができます。
そのため、フラバンジェノールはシワやシミやくすみなどの肌の老化にも効果があるということができます。

肌うるおい効果

フラバンジェノールに含まれるうるおい効果はヒアルロン酸と併用した時に効果を高く発揮することが発見されています。
ヒアルロン酸との併用の場合、その効果はセラミドの約15倍、コラーゲンの約5倍になります。
保湿効果により、スキンケア製品に使用されていることも少なくありません。

美白効果

フラバンジェノールにはメラニンを抑制する効果があります。
メラニン産生細胞であるマウスメラノーマB16細胞にフラバンジェノールを入れて3日間培養すると、メラニンの増幅が抑えられているという実験結果が出ています。

フラバンジェノールは内服することでメラニンを抑制し肌を美白にする効果があると考えられますが、フラバンジェノールの血流改善効果は、直接肌に塗った場合にも見られます。
肌の血流が改善されることで肌の代謝が高まり肌の再生が促されるため、美白効果を期待できるのです。

口腔環境改善

ポリフェノールには消臭作用があるため、ポリフェノールの一種OPCを豊富に含んだフラバンジェノールには口臭抑制作用もあります。
試験の結果では、フラバンジェノールの摂取により口臭の主な原因となるメチルメルカプタンが減少したことが確認されています。

フラバンジェノールには抗酸化作用により血流を良くする働きがありますので、口腔内の血液循環が改善されることにより口腔環境も改善されることが期待できます。
そのため、化粧品のほかに口腔ケア商品にも使用されます。

フラバンジェノールの副作用

化粧品素材としてのフラバンジェノールの副作用について重大な副作用等は報告されていません。
しかし、化粧品には合う合わないがありますし、成分同士の組み合わせの問題もありますので、肌が弱い方や不安な方は一度パッチテストをすることをおすすめします。

フラバンジェノールが含まれている化粧品

フラバンジェノールが含まれている化粧品には、オールインワンジェルや美容液、洗顔石鹸などがあります。
抗酸化効果や美白効果など年齢肌に嬉しい効果があるため、エイジングケア向けの化粧品に多く配合されています。
フラバンジェノールが含まれている化粧品例をご紹介します。

オールインワンジェル

仕事やプライベートが忙しいためスキンケアをする時間がなかなかとれない、だけど年齢肌が気になる。そんな女性に嬉しいのがオールインワンジェル。
1つで何役も担っているため、うるおい成分として様々な成分が配合されていることが多いのですが、フラバンジェノールとヒアルロン酸を配合することで、メインのうるおい成分をこの2つだけで担うことができます。
それにより成分の種類が少なくて済むため、肌トラブルが不安な方でも安心して使用できるものが多いです。

美白美容液

美白効果に期待できるフラバンジェノールは、美白美容液にも配合されていることが多いです。
肌の血流を改善する効果もあるため、化粧水などに配合するよりも、肌に浸透しやすい美容液に適している成分だといえます。
また、美白美容液はエイジングケアに向いているものが多いため、コラーゲン生成促進効果により肌のハリをアップさせしわやたるみを改善する効果にも期待できる製品が多いです。

洗顔石鹸

保湿効果の高いフラバンジェノールがなぜ洗顔石鹸に? と思う方もいるかもしれませんが、洗顔では肌の汚れを落とすだけでなく肌にうるおいを与えることも大切です。
洗顔石鹸はすぐに洗い流すという特性から、肌にはいいが浸透させるには少し刺激が強いといわれている成分も多めに配合することができます。それらの成分の刺激を弱める保湿剤としての役割も担っています。

フラバンジェノールが含まれている化粧品の選び方

フラバンジェノールはヒアルロン酸と組み合わせることで肌のうるおい効果が増し、相乗効果に期待できるため、基本的にはヒアルロン酸と同時に配合されているものを選ぶのがよいでしょう。
また、フラバンジェノールはエイジングケア向けの化粧品に配合されていることが多いため、美白や肌のハリ改善など目的にあったものを選びましょう。中には1つで年齢肌の悩み全てに期待できる製品も存在します。
また、フラバンジェノールが配合されている化粧品は、パラベンフリーの製品が多いことも特徴に挙げられます。

まとめ

フラバンジェノールの効果や使用されている化粧品についておわかりいただけたと思います。
天然由来の成分なのに強いパワーを持つというのはとても魅力的です。

基礎化粧品を始め、多くの製品展開が可能な成分ですから、今後買い物をする際に目にすることがあるかもしれません。
その際にはこの記事を思い出していただければ幸いです。