セルライトの原因は?潰していいの?除去方法を解説!

セルライトの原因は?潰していいの?除去方法を解説!

太ったりすることで太ももやお尻に出来やすいセルライト。見た目にも良くないのでセルライトを潰そうとしている人はいませんか?
実はそれ、ダメな行為なんです。
今回はセルライトのできる原因や、なぜ潰してはダメなのかという理由、セルライトを消す方法について解説していきます。

セルライトができるメカニズムとは


セルライトは皮膚の真下にある皮下脂肪細胞のこと。皮膚の表面に凹凸となって現れてしまうのがセルライトです。
ここからはそのセルライトができるメカニズムついてみていきましょう。

老廃物が肥大化し、脂肪細胞組織が結合する

セルライトの根源は老廃物にあります。老廃物は水分摂取によって細胞の代謝が促されて体内にできます。
本来なら汗や尿などで排出されるものですが、うまく体外へ排出できず、体内に溜まってしまうことがあります。
これらの老廃物が中性脂肪となり、細胞のまわりに絡みついて肥大化します。このことにより血管が圧迫され、血行不良に。そこで脂肪細胞同士が癒着して大きな塊となってしまいます。

また、体内のコラーゲンには毛細血管の損傷や脂肪細胞を再生する働きがあり、この修復機能によって変形、損傷した細胞組織と結合してしまいます。
さらに身体の代謝が悪いと、リンパ液が脂肪細胞の周りに吸着し、固まってしまいます。これがセルライトの正体です。
単に脂肪の塊であれば運動によって燃焼されるのですが、セルライトには老廃物が含まれているので、簡単な運動やダイエットでは消すことが難しいのが特徴です。

セルライトができる原因とは

セルライトは別名オレンジピールスキンとも呼ばれ、太っているからセルライトができるわけでなく、痩せている人にみられることもあります。
あるデータによると日本人女性の約8割がセルライト持ちなのだとか。
そんな多くの人を悩ませているセルライト。ここからはセルライトができる原因についてみていきましょう。

冷えによるもの

セルライトが起きる原因としてまず挙げられるのが、冷えです。
セルライトができる原因は血液の循環が悪くなり、老廃物を溜め込みやすくなるところから始まります。
身体が冷えたままでいると基礎代謝が落ち、その結果、脂肪がつきやすくなってしまいます。

運動不足によるもの

運動不足の状態が続くと脂肪が燃焼されずに太りやすい体質に…。代謝の低下や血行不良により、セルライトができやすい体質になってしまいます。
特に女性は皮下脂肪がつきやすい傾向にあるので、普段から運動することを心がけたいものです。

食習慣の乱れによるもの

脂質・糖質の多い食事は脂肪のもと。セルライトの原因にもなりやすいです。
また脂質・糖質以外でも、添加物や保存料を含んだ食品は肥満や代謝の衰えの原因ともなります。
特に添加物や保存料は体内に吸収されず、尿などによって体外に排出されますが、その際、身体の中の酵素を大量に消費してしまうため、身体の酵素量が減り、代謝が低下してしまいます。
セルライトの原因ともなりうる添加物や保存料が含まれている加工品やお菓子にはくれぐれも注意するようにしましょう。

むくみによるもの

食生活によって起こるむくみもセルライトの原因の一つ。
水分不足になると身体は塩分を一定に保とうとし、より水を溜め込もうとすることで、むくんでしまいます。同じように塩分過多でもむくみを引き起こしてしまいます。
さらにはタンパク質不足でもむくみが起こる一因に。タンパク質が不足するとタンパク質の一種であるアルブミンの濃度が下がってしまいます。
アルブミンには血液のめぐりを良くする働きがありますが、濃度が下がることで血流が悪くなってむくみやすくなるのです。

筋肉が少ないことによるもの

たとえ痩せていたとしても、筋肉が少なければセルライトは身体に現れます。
さらに筋肉が少ないと基礎代謝が落ちてしまうため、セルライトが増えるという悪循環に陥ってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れによってもセルライトを増やす原因になります。
女性は男性に比べ、生理や妊娠、出産などホルモンバランスの乱れが起きやすいです。
また、ストレスによってホルモンバランスの調子を悪くする人も多いので注意しましょう。

睡眠不足によるもの

セルライトの大きな原因として、睡眠不足が挙げられます。寝不足は血行不良や新陳代謝の低下を招きがちです。
また、最近の研究によると睡眠不足により食欲が増す傾向にあることがわかっています。
睡眠不足の上、食欲増進で食事を摂ってしまうとますますセルライトが起こりやすい状態になってしまうでしょう。

喫煙によるもの

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させます。すると血流への抵抗が高まり、血流が悪くなります。
よく喫煙を吸う習慣がある人は慢性的に血のめぐりが悪く、痩せにくくて疲れやすい身体になってしまいます。身体にとって様々な有害物質を取り込んでいるので老廃物も溜まりやすいです。

老化によるもの

加齢による老化もセルライトの原因になりえます。老化することで代謝が落ちてしまい、太りやすくなるからです。
また、もっと怖いのが筋力の低下によるたるみです。老化による筋力低下で身体が脂肪を支えられなくなると、周囲の血管やリンパ管が圧迫されて血流のめぐりが悪くなります。
そのため、老廃物を溜め込みやすくなり、結果としてセルライトの原因になってしまうのです。

不規則な生活によるもの

不規則な生活をしていると自律神経のバランスが乱れがちに。自律神経が乱れると血管が収縮して冷えにつながったり、代謝が悪くなったりしてしまいます。

サイズの合わない下着によるもの

サイズの合わない下着をつけていると、下着と身体の接触部分を中心に老廃物が溜まりやすくなります。
それはボディラインを整えるための補正下着だとしても同じです。

セルライトを消すメリットとは


皮膚の凸凹が目立たない服を着て入れば目立たないし気にしない。
そんな風にセルライトがあっても別に消す必要はないと思っている人はいませんか?
実はセルライトを消すとメリットがたくさんあるのです。

スタイルが良くなる

セルライトがある部分は痩せにくいので体型のバランスを崩す原因ともなります。
つまりセルライトを消すことでスタイルアップも叶うということです。

疲労がたまりにくくなる

セルライトがなくなることで不要な老廃物を溜め込みにくくなります。
リンパの流れがスムーズになって疲れにくくなるのです。

冷え性の症状が和らぐ

セルライトがなくなると、セルライトで圧迫されていた毛細血管の血のめぐりが良くなります。
そのお陰で冷えにくい体質になります。

むくみの症状が和らぐ

セルライトがなくなるとセルライトの原因ともなっていた老廃物も排出され、むくみにくい体質になります。

免疫力が高まる

セルライトを消すことで血液のめぐりやリンパの流れが良くなると細胞が活性化されます。
細胞が活性化することで免疫力がアップします。

ダイエットに成功しやすくなる

セルライトを除去することで身体の代謝が良くなります。
代謝が良くなればダイエットの効果も出やすくなります。

セルライトを潰してはいけない理由とは

セルライトを潰してはいけません。
ひと昔前はセルライト潰しが流行したようですが、デメリットがいっぱいなので、現在はあまりおすすめできません。
では、ここからはなぜセルライトを潰してはいけないのか、その理由についてみていきましょう。

逆に増えやすくなってしまう

セルライトを潰してはいけない最大の原因は、セルライトを潰してしまうことで逆にセルライトが増えてしまうことです。
セルライトを消す目的で潰すようなマッサージをしてしまうと、脂肪細胞が分裂します。その分裂した脂肪細胞には傷ついた細胞を保護しようとする性質を持っています。

そのため潰れたセルライトはそれぞれが修復するように働くので、倍増してしまう結果になってしまうのです。

皮膚を傷つけたりあざができてしまう

マッサージやマシンで強くセルライトを潰すやり方がありますが、実はこれはNG。セルライトを潰すとあざや内出血を引き起こしてしまうことがあります。
いくらキレイな肌になるためとはいえ、あざを作ってしまえば意味がありません。
さらに皮膚や毛細血管を傷つけてしまい、そこで傷ついた組織を治すために体内のコラーゲンが出てきて老廃物を巻き込み、さらに大きな脂肪細胞ができてしまうのです。

セルライトを除去するためには

ここまでで無理をしてセルライトを潰してはいけないことを学びました。
では、セルライトはどうやったら消すことができるのでしょうか?
ここからはセルライトの除去方法についてみていきます。

冷えを解消する


セルライトを除去したいならまず、冷えやすい身体を改善すべきです。
そこで効果的なのが身体を温めること。温めることで硬くなってしまった脂肪を柔らかくすることができます。
温めるなら首、手首、足首の3首を温めるのが良いでしょう。この3首は血流の流れでも要となるところなので、効率良く温めることができます。貼るカイロや手湯、足湯などをするのも良いでしょう。

また、身体の中から身体を温める食品を摂ることもおすすめです。
普段から白湯や生姜湯など身体を温めてくれるものを飲むように心がけてみましょう。
さらに身体を温めてくれる温かい鍋などを摂るようにしてみましょう。キムチやチゲ鍋などに含まれる唐辛子には身体を温めてくれるカプサイシンがたっぷりです。

この他にも冷えを解消する方法として挙げられるのがお風呂です。
毎日、湯船で温まることによってセルライト除去や予防にも効果をもたらします。
温熱効果を高めてくれる入浴剤でリラックスできれば、自律神経の乱れも整えることができるかもしれません。

有酸素運動を行う


運動をすると身体の中に酵素が取り込まれて血液の流れが良くなり、老廃物や無駄な水分を排出することができます。
ゆえに血流のめぐりをよくすることでセルライトを防止することができます。
そのためには運動習慣を身につけるのも一つの策です。
なかでもウォーキングやジョギングなどの有酸素運動はセルライト除去に大きな効果が見込まれます。
約20分の有酸素運動を行うと血中の中性脂肪値が下がり、20分以上経った頃から体脂肪がエネルギー源として燃焼しはじめるからです。

このほかにもダイエットとして医学的にも注目を浴びているのが水泳です。
水泳は全身運動。水の抵抗が働き、普段使わない筋肉のトレー二ングにもなります。
またプールの水温が体温よりも低い場合、身体が熱を奪われないように熱を作り出そうとするため、脂肪が燃えやすくなるという相乗効果もあります。

筋肉トレーニングを行う

セルライトができている部位はもちろん、全身の筋肉をつけることでセルライトの解消が期待できます。
特に下半身の筋力は全体の70%を占めます。もしもトレーニングを行うとしたら、下半身を意識すると良いかもしれません。
おすすめはスクワット。美脚にもつながるのが嬉しいトレーニング方法です。

まとめ

いかがでしたか? セルライトができる原因は血行不良や筋力低下によるものだということがお判りいただけたと思います。
そしてセルライトは潰すと逆効果で、かえって増えてしまうことがわかりました。
セルライトをなくすには長期的な取り組みが必要です。生活習慣を改め、運動習慣を身につけることで、ぜひセルライトの悩みを解消したいですね。