植物発酵エキスのパワーとは?健康やダイエットに良いの?効果を徹底解説

植物発酵エキスのパワーとは?健康やダイエットに良いの?効果を徹底解説

いつまでも若々しくいたい。元気でありたいと思っている人は多いことでしょう。
医療の発達によって人生100年時代と呼ばれる今日この頃、人生を豊かなものにするのに欠かせない成分があります。それは体内酵素。
今回は酵素の働きと、それを活性化させてくれる食物酵素(植物発酵エキス)についてご紹介していきます。

体内酵素とは

酵素は人間や動物などの哺乳類はもちろん、植物や微生物など、地球上の命があるもの全てに存在している成分です。
体内の酵素は食べ物の消化から吸収、分解、排泄をはじめ新陳代謝の促進のほか、ホルモンバランスを安定させる働きがあります。
私たちの身体の中で起こっている化学反応は、酵素なしには起こりえません。
ゆえに酵素は細胞を働かせる源ともなるものです。

潜在的に体内の中にある体内酵素は、大きく分けて消化酵素と代謝酵素の2種類があります。

体内に潜在する消化酵素

消化酵素は食べ物を分解し、体内で吸収しやすいように消化、摂取に関わる酵素です。
例えば唾液はアミラーゼ、胃はペプシンといった具合に、消化酵素の働きにより、細かく分解された栄養素が小腸で吸収され、全身に運ばれます。

体内に潜在する代謝酵素

生命活動に関わる働きをするのが代謝酵素です。
栄養素から作られたエネルギーを体内で働かせ、運動や呼吸、血液循環促進、免疫力増進、老廃物の排泄などの活動を行います。

体内酵素の働きが鈍くなるとどうなる?

代謝機能の低下
身体の酵素自体は大幅に減少することはありません。代わりに酵素の働きが鈍くなります。
体内酵素の働きが鈍くなると代謝機能が低下し、消化や吸収がスムーズに行われにくくなります。
さらに老廃物が溜まりやすくなり、免疫力の低下や便秘、肥満、アレルギーや生活習慣病など、様々な体調不良を引き起こす原因となってしまいます。

酵素の働きを活発化する補酵素

多くの酵素は単体だけではスムーズに働くことができません。
ビタミンやミネラルが不足してしまうと、摂取した栄養がエネルギーにうまく変えられなくなります。
その結果、消費するエネルギーが減って身体に溜め込みやすくなり、最終的に太りやすくなってしまうのです。

そうなってしまわないためにも、ビタミンやミネラルなど “補酵素”として酵素の作用をサポートする栄養素が必要です。
特にビタミンB群は代謝に深く関わる成分として認められています。
でもそれだけではうまく身体の機能のバランスを取ることは難しいです。
そこでうまく活用したいのが食物酵素(植物発酵エキス)です。

食物酵素(植物発酵エキス)とは

植物発酵エキスとは
食物酵素(植物発酵エキス)とは生野菜や果実に含まれる、身体の外部から取り入れることができる酵素のことです。
全ての食べ物には酵素が含まれています。食事を摂れば体内でそのまま酵素に変化すると思われがちですが、実は違います。
身体の中に取り入れた食べ物は一旦、これ以上分解ができないという単位までバラバラに分解されます。これが身体の中で完全に消化するということです。
取り入れた食事はアミノ酸やブドウ糖など最小単位の栄養素にまで分解されて初めて、血流に乗って全身を巡ります。

ここで問題となってくるのが化学調味料などの添加物が多く含まれた食品やインスタント食品。
これらは胃や腸での消化に負担をかける代表的な食べ物で、分解されるのに時間がかかります。

一方、発酵食品は発酵によってすでに栄養分が最初単位にまで分解されているので、食べてすぐに栄養素として身体に取り込まれます。
特に植物を発酵させてできた植物発酵エキスは食物酵素としての働きを最大限に引き伸ばしたものです。
さらに消化のための酵素を浪費することなく、新陳代謝のためにしっかりと仕事をしてくれます。

発酵食品は良質な食物酵素

野菜や果物など、自然由来の食べ物から栄養素をバランス良く摂ることによって酵素は働きます。
栄養は体内で酵素として合成され、消化酵素や代謝酵素として作用します。
なかでも植物発酵エキスなどの食物酵素はすでにアミノ酸にまで分解されているので吸収力は抜群です。

一方タンパク質が吸収される場合であれば、タンパク質→ペプチド→アミノ酸といった具合に分解されてから吸収されるため、体内に取り込まれるまでに3〜4時間がかかってしまいます。
発酵食品(植物発酵エキス)が良質な食物酵素として注目されているのは、この吸収率の差にあります。

体内酵素を活性化させるにはどうしたらいい?

加齢やストレス、偏った食生活は血管の巡りが悪くなる原因の一つです。
私たちが健康を維持するためには、体内の酵素がしっかりと働いていないといけません。
そのためにも旬の野菜や果物、新鮮な肉や魚、そして発酵食品(植物発酵エキス)など、栄養素が豊富で酵素がたっぷりと含まれている食品をバランス良く摂取する必要があります。

ここからは体内酵素の働きを活性化させるための習慣について挙げていきます。

生野菜や果物を摂るよう心がける

新鮮な生野菜や果物には酵素や栄養素がふんだんに含まれています。
特に植物に含まれる酵素は熱に弱いので、なるべく加熱や加工をせず自然に近い状態で摂取することも体内酵素を活性化させるのに大切なポイントです。

よく噛んで腹八分で済ませる

食事はよく噛むことで唾液に含まれる消化酵素、アミラーゼが分泌され、食物の消化を助けてくれます。
また消化酵素がきちんと機能を果たせるよう、食事は腹八分目に抑えておくことも大事です。

添加物が入ったものやインスタント食品を避ける

化学調味料や防腐剤といった添加物が入ったものや、酵素が入っていないインスタント食品、冷凍食品などを取りすぎると、消化しにくいため、身体に負担がかかってしまいます。これらもなるべく控えるようにしましょう。

発酵食品や酵素をうまく活用する

味噌や納豆、漬物や甘酒、酢や醤油などの発酵食品には酵素が豊富に含まれています。
毎日食事で摂るのが難しい人は発酵食品や植物発酵エキスなどを摂取するのもいいでしょう。

発酵食品(植物発酵エキス)のパワーとは

発酵食品(植物発酵エキス)のパワー
ここまでで、植物発酵エキスには体内に作用する酵素の働きを良くする力があることがわかりました。
しかしそれだけではないのが発酵食品の魅力です。
一体どんな力を秘めているのでしょうか? その魅力についてみていきましょう。

栄養素が分解され吸収率が上がる

食品は発酵することによって栄養素が細かく分解されます。
例えばタンパク質はアミノ酸へ、糖質は単糖へ、脂質は脂肪酸といった具合に分解された栄養素は、胃や腸への負担をかけずに吸収されやすくなっています。

体に良い栄養素がパワーアップ

食品は発酵することで、栄養素やその機能が変化します。
例えば納豆なら、独自の成分であるナットウキナーゼが生まれ、血流の流れを良くする成分が生成されます。

一方、ヨーグルトの場合は、カルシウムが体内で吸収しやすい形に変化します。
これも酵素の働きによるもので、発酵することによって多様な栄養素が生まれます。

味が風味豊かになる

発酵によって食品そのものに風味豊かな旨みがもたらされます。
それは食材を発酵させることで微生物の働きが活発化し、成分を分解することによって生まれます。
酵母をもたらす酵素の働きによって、食品にアルコール類、有機酸類、炭酸ガスなどが生まれるからです。

腸内内環境が整う

腸内には約1000種の微生物が存在します。また腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があります。
なかでも善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌など、私たちの身体の調子を整えてくれる働きがあります。
さらに身体のために良い働きをしてくれる細菌は、腸内にある腐敗物質の増加を抑え、病原体などを封じ込める免疫細胞が活発にもなります。

食品の保存性が高まる

発酵作用のある微生物には害となる腐敗菌など、微生物の繁殖を抑制する力があります。
このことによって生の状態の食品よりも長期間保存することが可能です。
この性質を利用し、古来から保存食として生み出された食品の数も少なくありません。

抗酸化作用が強化される

食品に含まれる抗酸化物質は生のままでは細胞内に強く結びついているため、十分な働きができません。
ところが発酵の過程などでいろんな酵素が働くことにより、その結合がゆるみ、効率良く栄養を抽出します。
このように発酵が進むことで、非常に強い抗酸化作用を持つことがわかっています。

植物発酵エキスで補える、不足しがちな栄養素

身体がすっきりしない、太りやすくなってきた、若い頃とはなんだか違う…などの悩みを抱えている人は、ひょっとしたら体内酵素が減少しているせいかもいれません。
特に体内酵素は30代を過ぎたころから、著しく減少していきます。

特にバランス良く摂っておきたいのがタンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維などです。
しかし毎日の食生活で理想的な栄養を食事で摂るのはなかなか難しくあります。
そこで活用したいのが、先ほど紹介した植物発酵エキス。
植物性の様々な酵素が含まれているだけでなく、ビタミン類各種、ミネラル(カルシウム、鉄分、亜鉛など)、アミノ酸といった、不足しがちな栄養がバランス良く配合されています。
このことから植物発酵エキスは、忙しく偏食しがち、食生活を乱しがちな現代人にとってぴったりのアイテムだと言えます。

手軽にはじめる朝食置き換えメニュー

置き換えダイエットとして有効なのが、忙しい朝の朝食の代わりに酵素(植物発酵エキス)入りスムージーを飲む方法です。
ダイエット中に不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、水分と一緒に摂ることで満腹感も得やすいでしょう。
食事だけでは摂取できない量の栄養素を摂ることができるため、ダイエット目的だけではなく、健康面に不安な人、偏食しがちな人や成人病予防にも有益です。

植物発酵エキスでファスティングにチャレンジ

植物発酵エキスでファスティング
もっと本格的に体質改善したいという人におすすめなのがファスティングです。
その名は断食を意味する英語の“Fast”に由来し、一般には医療やヘルスケア、ダイエット目的で行われる断食を応用したものとして知られています。

人間の身体は消化吸収することができない状態に陥ると、身体に溜まった毒素を排出する作用、いわゆるデトックス効果が起こります。
ただし通常の断食ではエネルギー供給がいきなりできなくなることによって、身体がエネルギーを溜めようとするため、逆に太りやすくなってしまいます。
そこで活躍するのが植物発酵エキスなど、体内酵素の力を引き出す発酵エキスです。

食事の代わりに植物発酵エキスで栄養分を補給

酵素ファスティングは、植物発酵エキスを利用することで、空腹感を抑え、身体に必要な栄養素を摂取しながら行います。
植物発酵エキスは酵母菌などの働きによって、栄養素が細かく分解されているので、胃腸などの消化器官に負担をかけることなく、スムーズに栄養を送り届けられます。
特にダイエット中に不足しがちな栄養補給を行う上で重要な役割を果たすのです。

酵素ファスティング中に注意すること

絶食をすると身体に栄養を溜め込みやすくなります。
毎日3食の食事は欠かさず、1食あたりの量を少しずつ減らす献立にし、それに加えて植物発酵エキスを取り入れるようにしましょう。
そのうち一食が食べ過ぎることがあれば、次は軽めにするなどの食量のコントロールも大切です。
また、こまめな水分補給も忘れないようにしたいものです。さらに糖質や脂質の高い食事、消化しにくい固い物や香辛料のきいた刺激物を控えるように心がけましょう。

まとめ

今回は体内には初めから備わっている体内酵素があり、年齢とともにそれが失われること、そしてそれを補う食物酵素として、植物発酵エキスがあることを学びました。健康面、ダイエット面から見ても、吸収しやすい栄養素となって働いてくれる植物発酵エキスは心強い味方です。
これからも上手く食物酵素を身体に取り入れ、体内酵素のバランスを整えていきましょう。

カテゴリ:
美容法・豆知識
関連タグ:
#ダイエット #健康